profilephoto
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 神野マスターのコーヒーの美味しい淹れかたワークショップ2 | main | 営業時間変更のおしらせ >>
奥井理没後20年追悼イベントmessageレポート
7月19日(日)に、19歳でこの世を去った中学校の同級生奥井理(おくいみがく)くん
の追悼イベントが開催されました。

ご両親といっしょに企画したこのイベントは、
奥井くんが遺した絵を囲んで行われました。

天気がぐずぐずの札幌でしたが、イベントが始まるころにはすっかり雨もあがり
日も差してきました。

彼は生前ブルーハーツが大好きでした。
私の知人でもあり、札幌市の観光サポーターでもある丸石輝正くんをお招きし
ブルーハーツの楽曲やオリジナル曲を披露していただきました。

打合せをしていた訳ではないのですが、彼は奥井理くんの文集からいくつか
文章を紹介、朗読してくれました。
曲と曲との間に読まれる奥井くんの文章、丸石くんの声、耳を傾けるお客様。
不思議な空気感で、柔らかくも張り詰めた雰囲気で会は進みます。


丸石くんのライブが終わると、みーやんさんこと木村光江さんによる
デコ巻ずしのケータリング。
最後の飾り付けをしてくれています。
スイカには「MIGAKU」と彫刻されていて、そのまわりの巻ずしや
料理の数々には奥井理くんの絵「生きる」の背面のひまわりをモチーフに
綺麗に並べられていました。

全て天然の着色料を使用していて
身体にもやさしく、美味しい料理を皆さんでおしゃべりしながら楽しみました。

丸石くんの往年のファンの方、奥井くんの高校時代の先輩や後輩、
中学時代の級友、トイロでお世話になっている方々など
たくさんの方にお越しいただき、交流を深めることができました。


すすきので喫茶店を経営されているクレメントのマスター
古屋さんも西高OB。そして奥井くんと同じく娘さんを
事故で亡くしてしまっています。
娘さんは漫画家を目指していたそうです。
娘さんの画集を手に、いろいろな想いを語っていただきました。

今回のイベントで、丸石くんは中島みゆきの「糸」を
最後に歌いました。

このイベントは奥井くんと古屋マスターの娘さんを糸で結んで
くれました。お客さまどうしもまた糸で繋がりました。
私ももちろんいろいろな方と繋がりました。

本当に奥井くんおご両親、来てくださった皆様、
いろいろ手伝ってくれた私の家族に感謝です。

ありがとうございました。

宮の森中学校卒業 塩貝友崇
COMMENT