profilephoto
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「竹を編む。」ワークショップ8月30日開催間もなく! | main | 「竹を編む。」ワークショップレポート2 >>
備前焼 富良野のカラ松で
楽葉窯の恒枝直豆さんは富良野に窯を持つ陶芸家です。

備前の土を使い、富良野のカラ松で焚き締める器は
窯の中で灰をかぶり味わい深い作品に仕上がっていきます。
春と秋、年に2回しか窯入れしません。



円山ギャラリートイロに最初にとどいた作品が恒枝さんの作品でした。

こんな味わい深い備前の器を皆様一緒につくってみませんか?
9月13日14日の二日間、陶芸ワークショップを行います。

「自由につくるということ。」と題し、つくるものは自ら決める
ことができるワークショップになります。
詳細は8月12日の記事をご覧いただき、興味のある方は是非ご予約
お待ちしております!

円山ギャラリートイロ
札幌市中央区南5条西23丁目1-19
011-596-8730
090-9754-5632(アンビエント塩貝)
toiro.info@task-ambient.net
 
COMMENT