profilephoto
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
竹籠各種入荷
円山ギャラリートイロに山根広充さんの竹籠が再登場しました。



当ギャラリーでは定番となった六つ目編籠や二重六つ目籠の他に、
スペインでも大人気だった鉄鉢盛籠など数点が入荷です。

いつ見てもいつ触っても心地のよい竹の素材感。
接着剤などは使用せず、竹の反発力でその形状が保たれているというのも
竹カゴの魅力のひとつですね。

円山ギャラリートイロ
札幌市中央区南5条西23丁目1-19
011-596-8730
090-9754-5632(アンビエント塩貝)
日本のものづくり文化
竹工芸士 山根広充さんは別府で竹工芸を学び札幌で活動している
竹工芸作家さんです。


こちらの写真は先日ト.オンカフェで行われたイベント「知らない店」に
出展していた作品のひとつ。

竹本来の繊細さと、山根さんが織りなす美しく見せるための工夫が
クオリティの高い作品をつくり出します。

日本の手工芸文化は資本主義経済の価格競争のなかで
化学物質の工場大量生産製品により淘汰されつつあります。
ですが、日本のものづくりはその土地の気候や風土に根付きながら
そして生活に密接に関わりながら育まれてきた文化です。
そんな大切な日本の財産をなくすわけにはいきません。

美しく機能的な日本の手工芸の作品は世界に誇ることのできる文化
であり、それを世界に広げることで文化交流の輪を広げていきたいと
考えています。

北海道には伝統工芸品というものはありませんが、ジャンル問わず
「ものづくり」文化を盛り上げ、円山ギャラリートイロから世界に発信して
いけるようになれば素敵だなと思います。

北海道で活動されているクラフト作家さん、アーティストの方
そして北海道のものづくりの一番の立役者である農家の皆さん、
一緒に北海道の「ものづくり」文化を盛り上げていきましょう!

円山ギャラリートイロ
札幌市中央区南5条西23丁目1-19
011-596-8730
090-9754-5632(アンビエント塩貝)
スロウ掲載記事
竹工芸 山根広充さんが10月25日発売の「スロウ vol.37」に掲載されています。

数ヶ月前にここ、円山ギャラリートイロにてクナウマガジンさんの取材を
受け、掲載になった記事は山根さんの竹工芸への想いや作品が掲載されています。


ギャラリーオリジナルの「トイロノテヌグイ」もさりげなく載っていて
うれしい限りです!!

また、竹工芸 山根広充さんの作品展が石の蔵ぎゃらりぃはやしにて開催されます。
竹の指輪づくりのワークショップも開催されるそうですよ。
詳細は下記の通りです。

「竹と糸と糸」 山根広充、菅野はつみ、畠山祐子
札幌市北区北8条西1丁目 石の蔵ぎゃらりぃはやし
11月14日(木)〜19日(火)
11:00〜18:00(最終日のみ16:00まで)
16日(土)17日(日)指輪づくりワークショップ 随時受付¥500-

円山ギャラリートイロ
札幌市中央区南5条西23丁目1-19
011-596-8730
090-9754-5632(アンビエント塩貝)
 
竹工芸 山根広充さんの六つ編盛籠ともしかすると。。。 
 竹工芸 山根広充さんの「六つ編盛籠」のご紹介です。

竹籠はとれたての野菜や、こたつの上のミカンなど
様々なものを盛っておくことができる万能籠です。
六つ目の機能的なデザインと竹細工の軽さを実感して
いただける作品です。

六つ目編盛籠
(大)(φ245mm × H85mm) ¥7,350-(税込)
(小)(φ200mm × H80mm) ¥6,300-(税込)

※2013年9月24日現在 在庫残り各1つずつ

さて、もしかすると。。。のおしらせです。
「竹を編む。」ワークショップを年内にもう一度開催するかもしれません。
しかもこちらの六つ目編みの籠(もう少し小ぶりで簡易的なもの)です。
講習時間は5時間程度かかるそうですので、大人の方限定のワークショップに
なりそうです。日時や受講料、参加人数などが決定しましたら改めてお知らせ
いたします。
       
                   
竹工芸 山根広充さんの竹馬
 竹工芸 山根広充さんの「竹馬」の紹介です。

別府で修行を積まれた山根広充さんの竹細工で
秋田のイタヤ馬という工芸品を模してつくった作品です。

竹馬(W140mm × H90mm) ¥525-(税込)

※2013年10月13日現在 在庫残り3頭

四海波
8月10日、11日に開催される「竹を編むワークショップ」では
四海波という竹籠編みに挑戦して頂きます!

完成するとこのようなカタチの籠になります。

教わりながら編むとお子様でも2時間程度で編み上がるとのことでした。
1本1本のひごから編み上げることもできますし
平編みという、上の写真のような状態から編むことも可能です。
お子様は基本的に平編みからスタート、大人は1本1本のひごから
スタートの予定です。

お子様の中でも自信のある子は1本1本のひごからスタートでもOKですし
大人の方で自信の無い方が平編みからスタートすることも可能です。

ですので、2時間で編み上げることができるか不安な方もいらっしゃる
かも知れませんがご心配なさらずに、「やってみたい!」という方は
是非ご予約をお待ちしております。

ご予約の際は10日、11日どちらに参加されるかと
時間(10時スタート、1時スタート、3時スタート)のどれに参加されるかと
平編みスタート、1本1本のひごからスタートのいずれかをお伝えください。

よろしくお願い致します。

円山ギャラロートイロ
札幌市中央区南5条西23丁目1-19
011-596-8730